紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

Dolce 古き良い時代


 宿を出て、駅に向かい輪行して移動しようか、自転車で走るか悩んだのだけれど、十分に休息を取った身体は、自転車での移動を望んだみたいだ。


 今回の旅の目的は、残す一点を除き達成することが出来た。いずれ消え行くであろう街を象徴する屋台での食事、日本の歴史上、いや世界の歴史上、目を背けてはならない2箇所、それに2日間に渡り往復した海道でのサイクリングだ。最後の目的地は自宅であり、その道中を楽しむ旅の始まりでもある。


 市街地を抜け幹線道路に入ると、交通量は増していき、排気ガスが充満したタンクの中に閉じ込められたような感覚で、有り余った体力を悔やむこととなってしまった。他事で体力を消耗できなかったことが残念だ。


 県境を越え自転車を走らせると、美観地区なる看板を見つけた。美しい景観には目がない私は、きっとお姉様達で溢れかえっているに違いないと、さっそく向かってみることにした。


「美観を損ねる方の立ち入りは禁じます」


なんて看板があったらどうしよう。きっと入れてもらえない私。


 幸いに検問所はなく、古くからの町並みを保存したこの美観地区に入ると、無機質な近代建築には感じられない、何かほっとする温もりを感じる。


 何かにつけ、新しいものについて行けない僻み根性なのであろうか、多くの古い物に感じるものがある。新たに開発される物は、便利であるが多くのことで質を落としている気がする。これも私の個人的な価値観であり、感じることは人それぞれだ。


 美観地区のレトロな町並みを体感し、排気ガスで溢れる幹線道路に出て見たくもない景観を見ながらの走行だ。
 時間も押し迫り宿を探すと、あちらこちらに1泊2食付で4千円台後半~での看板が目を引き、当たってみると、部屋が確保出来た。価格は5千円台半ばであったが、一般のビジネスホテルに比べればお値打ちではある。


 長い、長い旅で散財した私には、低価格の宿はとても助かる。この際、お姉様と出会う機会を失っても致し方ないとこであり、ホテルで食事を済ませることにした。食事の内容はとても口に出して言えない代物であるが、値段を考えれば諦める他はなく、湯快リゾートがなんてお値打ちなのが身に染みる思いだ。伊豆を拠点にするホテルチェーンでは、飲み放題も付いてくる。人は上を見ればきりがなく、身丈にあった宿を楽しむ他はないのだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。