紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” 元ゲリラ6

「彩香さんの、『人らしく幸せに生きるってなんだろう』って最初の言葉への、彼の答えがここにあるかもしれませんね。消費社会に翻弄し、最も大切な家族との時間も犠牲にして働き、そこから得られる物が何なのか。それが笑顔が見えない日本人の姿であり、使い捨ての消費に明け暮れて環境破壊だけに留まらず、家族、そして自分自身までも壊してしまう。少なくとも彼は、そんな日本人を見て幸せとは感じなかったわけですよね」


「物で溢れただけでは本当の幸せを感じることはできませんもんね」


「私は思うんですよ、人を幸せにしてくれるのはやはり人なんだって。彩香さんが言われる通りに物では本当の幸せを感じることは出来ませんよ」


「物で満足を得ようとすることは、何か心が満たされてないのかもしれませんね」


「そうですね、すべての方に当てはまることではないでしょうけども、より強くストレスを抱える人の多くは、物欲が強い傾向にあると思うんです。でも結局は物では満足できないから次から次へとね」


「幸せであればもっと多くの人に笑顔が見られ、家族、友人はもちろん、他人をも思いやる心が養われてますよね。日本は物も人も使い捨て」


「経済を優先し消費に明け暮れ、使い捨て文化が生まれて環境破壊を招き、環境だけではなく人も壊れていってしまうんです。何より悲しいのは、自ら死を選ぶ方が先進国中で断トツで多いことです。これほど悲しいことってありますか?こんな国にしてしまい、それをそのまま後世に伝え残すことなんて出来ませんよ」


「生物である人間は、自己だけではなく、種を永遠に残すためにも後世のことを考えないとだめですもんね。こんな世の中が続けば、それこそ核で地球が滅びてしまう可能性だってあるわけですから」


「私は以前に登山をしてて、今は自転車なんですけど、必要最低限の物しか持って出られないわけですよ。あれば便利だろうなって程度のものなら持って行かないんですね、身軽であることがより快適に道中楽しめるわけですよ」


「物がなければあるもので工夫することもしますし、それ以上求めないって自制も出来ますもんね。私も自転車やってるんでマスターの言うことよく理解出来ますよ。使いもしないものザックに詰めて走って、これなければもっと軽く走れたのにってありますもんね」


「みんな幸せになりたい、平和な世の中がいいって口を揃えて言いますけど、やってることは全部逆のことやってきたのかもしれないですね。でも日本を変えることなんてできないし、、、」


「おっしゃる通りに日本を変えることは個人の力では無理ですよね、でも、自身の考えを変えることは出来ると思うんです。消費社会に惑わされずに自分で自分をコントロールすることは出来るはずです。個の意識で、結果、日本が変わっていくこともあるわけですよ。日本の愚かな政治家を頼っていては振り回されるだけですし、学校教育にも振り回されないことです」


「人としての幸せって、何となくわかってきたような気がしますね。根本的なことがきちんとあって成り立つことも」


「夫婦がいつまでも仲良く過ごし、その姿を見て子供が育って行き、また自分の子供に伝えて行くんです。共稼ぎしなければならないほど、本来はお金は必要ないんですよね。より贅沢をするために共稼ぎをするのではなく、家をしっかりと守る。料理も出来合いの惣菜、加工品ではなく手作りのものを揃え、それで食べることの大変さ、感謝の気持ちも育まれるわけです。もし女の子なら、家庭の味をしっかりと母親から学んで、それをまた伝えて行く。昔はそれが出来ていたのに、今はその基本となることが崩れてしまってますからね。しっかりと見つめなおさないといけないと思いますよ」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。