紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” 人災2

「ですよね、大きくは何も変わらないですよね。先ほどおっしゃられたように、人は一度手にした物を手放せないし、変われないんです。原発の再稼動に反対される方も多いと思いますけど、国、企業、個人がそれぞれの立場で、原発を不要なものとして行動しているか、私にはとてもそう思えませんね」


「24時間開いてるスーパーや、コンビニも増えてますし、冷凍食品のスペースは増えて、おまけに店は年中無休。エアコンはどこも効きすぎで寒いくらいで、トイレはいつも温かな便座が待ってくれている国で、オール電化の家も多いですもんね。パチンコ屋さんとかのネオンも派手だし、閑散期のテーマパークなどがイルミネーションで客集めをすればそれにどっと人が押し寄せて、、、」


「火力発電は地球温暖化の温床、太陽光ではコストがかかり過ぎで頭打ち、安く電気が生産できる原発が日本の電気使用を考えたら一番です。電力会社も儲かって国には税金がどっと入りますし、原子炉を作ってる会社も潤いますよね」


「震災で多くの犠牲者が出てしまって、原発がなければもっと復興も早いだろうけど、それに合った生活は、もう日本人には無理だってことですよね」


「国、企業、そして個である国民が求めてしまってるんだと思いますよ。世の中のほとんどのことが相対で成り立っていますから、得る物があれば失う物が必ず出てきます」


「マスターは原発は賛成なんですか?」


「賛成とかではなく、今の日本を維持して行こうと思えば必要なんじゃないかって思います」


「原発をやめる国もあれば推進する国もあってそれぞれですね」


「推進の筆頭はフランスで、事故は起こりうるものとして徹底した危機管理の下に運営してますけど、日本は絶対的な自信で、100%安全だなんて言い切って運営してましたから、そのスタンスがもうすでに違いますよね。日本は原子力の恐ろしさを世界で一番理解している国のはずなんでが、日本の指導者がいかにお馬鹿さんなのかがよくわかりますよね。日本国民も同じで、自国であれほどの事故があっても電気は使い放題で、早く原発をフル稼働させてくれって言ってることと同じですよね」


「やはり日本人にとっても対岸の火事でしかなかったんですね」


「電気に頼り過ぎない生活で、ある程度戻せる部分は戻すことが私の理想なんですけど、個のレベルで多くの人が実践してくれることを望みますね。夏は暑い、冬は寒いのが当たり前で、お歳を召して体力が衰えたり、病気の方、冬は氷点下の厳しい寒さの地の人が、電気を惜しみなく使えばいいんです」


「日本人は対岸の火事で他人事って言うよりも、他人の不幸は蜜の味って思ってる人が多いかもしれませんね」


「仕方ありませんよ、それを国民に植え付けてきたのは日本の指導者、教育者ですから」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。