紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

Second piatto アフター・サイクリング


 市街地を目指し自転車を走らせ、駅前すぐのビジネスホテルを当たるが空き部屋がない。通りをざっと見渡し、一番遠いホテルから攻めることにして、第一ホテルに行き着いた。


 見栄えのするホテルでは決してないのだが、私にはここに決めたいと願う要因があったのだ。ドア越しに中を覗くと、なんと4人組みの女性が今、正にチェックインをしようとしている。ものの5分も違えば、この光景を見ることはなかったであろう。つくづく私の日頃の行いの良さを感じた一瞬である。


 サンライズ糸山で、もし仮に、女性が声を掛けてくれていれば、1分、1秒でも長く引き伸ばす工作をしたであろう私は、この場面には出会うことがなかったのである。わずらわしいと思っていたことにも感謝、感謝である。


 ご夫婦で営むホテルで、ご主人が女性たちのチェックインをし、奥さんが私の対応をしてくれ、空き部屋を確認し部屋の確保が出来た。


「では夕食の出来る店を案内しますので、ご一緒に」


とご主人の説明が始まると、女性グループの1人が私を中央に迎え入れてくれ、まるで5人組のグループのようであった。


 何軒かの候補の中から、女性たちのリーダー的存在なのであろか、一人の女性が、


「じゃ、焼き鳥にしましょう。焼き鳥でいいですか」


と私の顔を覗きこんでいるのだ。


 いいに決まってるじゃないですか、、、焼き鳥は大好きであるが、例え嫌いであってもこの幸せな時間だけでも好きになる自信が私にはある。とうとう来るか、牡蠣エキスを十分に補給し、その栄養素を使う機会が。


 OKの返事をすると彼女は、


「じゃ、先に行って5人分の席、取っといてくださいね」


って、、、なんだ、ただの席取り要員だったのね、私。4人分と言われなかったことだけでも感謝しないと。


 かなりの人気店らしく、県外からもここの焼き鳥を目当てに、多くの人が訪れるのだとご主人が言う。
 店内はやはり多くの客で賑わい満席で待ちもでている。営業時間も残りわずかでその件を伝えに宿に戻ると、ちょうど階段から女性陣の声が聞こえ降りてくるところである。


 店の様子を伝えると、


「じゃ、他探しましょうよ」


と5人で夜の市街地散策で、3名が和歌山、お1人が大阪境の在住で、中学、高校時代の友人の混成のグループだと話し、お遍路の途中だそうだ。


 お遍路は、今更何の説明も必要としない、たぶん、いやきっと、いやいや絶対に日本初のスタンプ・ラリーであろう。
 江戸時代の初期には、多くの文献に残されており間違いなく行われ、室町時代に僧侶の修行として行われていた参拝が、庶民の間に広まっていたかがあいまいなところである。日本以外にスタンプ・ラリーがあるのか知る由もないが、もしかしたら、世界初のスタンプ・ラリーなのかもしれない。


 参考までに、源さんが政権を握った鎌倉の次が、足利さんの室町で、戦国の混乱を経て、豊臣さんの安土桃山、徳川さんの江戸へと移って行きます。
 学校で習う歴史って面白くもなんともなくて忘れてしまうんですよね。
 あれ?室町っていつ?鎌倉の前?とか、、、あ、学校で習った、いい国(1192年)つくろう鎌倉幕府って、認識違いで、今は1185年。いい国つくれなくって、い(や)いや、ごめんなさい。


 歴史の話をしだすと、100ページあっても足りないので、この辺で止めないと。


 かなりの距離を歩き店を当たったのだが空きがなく、二手に分かれて探すことにした。
 リーダー的な立場の人が、私に既婚か独身かを尋ね、女性を別ける編成を決めていた。
 私は独身女性2人と組み、5名の空きがあるか店に尋ね、2軒目でヒットし、電話で呼び寄せ合流することとなった。


 飲み会が始まり、驚いたことに同年で、話題に共通点も多く楽しい酒盛りとなったのだ。女性4人に囲まれて楽しくない男はきっといないのだと思う。


https://public.muragon.com/bhv30qla/kpi3us1q/resize/184x184.jpg?dummy=1505981767686


 店を出て宿に戻る途中に、お酒を買って帰ると私が言い、ここでお別れをしようとすると、


「お酒は買ってあるから、よかったらそれ飲んで。お風呂の順番待ちで部屋に遊びに行くから」


 シャワーを軽く済ませしばらくすると、缶ビールとつまみを抱え3人が部屋にやってきたのだ。1人はお風呂。遠慮なくビールを頂き、二次会の始まりだ。


 1人が交代で部屋を後にし、先にお風呂に入った方が来るのかと思ったが、先に寝てしまったようで、3人が入れ替わりお風呂と部屋を行き来していたのだ。3対1がしばらく続き、1人が限界だと部屋に戻り、2対1。グループに振り分けられた独身3名の飲み会が、深夜まで続くのであった。


 旅には多くの出会いがある。訪れた街の地元の方、旅人同士もそうであろう。ほんの偶然がもたらした出会いに不思議な縁を感じる。
 隣に住む方ともこんなに話をしたことはないのだ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。