紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

「家族」 異変 2

 
 綾香は手始めに、雑誌の連載で秘境駅を訪ねる撮影を行っていた。山間に進むローカル線の旅は美しい景観が広がり、綾香も楽しんで撮影に挑んでいた。


 初回から数回は写真の出来も素晴らしく、好評を得ていたのだが、回数を重ねるごとにクオリティは下がり、写真から伝わるものが消え失せている。英子は心配をし、多くの会話を持つが、綾香は以前とは打って変わり謙虚な姿勢を見せることはない。


「いったい何があったのであろう」


 推測は多くの誤解を生じさせる。今、ある事実のみで対処する他はない。綾香に対してのケアは後手になってしまうが、クライアントからの信用を失う前に決断をしなくてはならない。担当を代える段取りを進める中、綾香は忽然と姿を消してしまった。


 いかなることであろうと、仕事より人を優先させる敏也であればどうしたであろうか、英子は自分の取った行動を責めていた。


「英子さんに落ち度はないさ、適切な対応してくれたと思ってるよ。全ての従業員とその家族の生活を守らなければいけないんだよ。クライアントを失うリスクは大きいよ、ありがとう」


 撮影には佐々木が自ら名乗り出て事なきを得たが、その後も綾香が姿を現すことはなかった。


 数日後、出版社から連絡が入った。


「先ほど平井さんが来社されまして、ご連絡させて頂きました」


「それで、あの、綾香は、いや平井は元気にしておりましたでしょうか?」


「少し疲れた様子ではあったのですが、、、」


 綾香は原稿のポジフィルムを手渡し、担当者に、


「城山の事務所を辞めましたので、この件からのギャラは直接私に支払いをして欲しのですが」


「すでに残りの原稿は頂きましたよ。私どもはオフィス城山様に撮影を依頼しており、カメラマン個人と契約することはありませんよ」


と、敏也、英子との信頼関係があって仕事を依頼し、また、その結果にも満足をしているとも言う。


 出版社からの連絡で生存の確認はでき、最悪の事態は間逃れたようだが、綾香からの連絡を待つ他はないであろう。


 報告を受けた敏也は、綾香に良かれと思い写真家としての道を開拓したが、それで良かったのか。いや、招いた結果が正しくなかったことを証明している。綾香が何を望んでいたのか理解出来なかった自分を、敏也も英子同様に責めていた。
                                 
                                      39


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。