紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

「家族」 帰郷

 一行が東京に戻るとすでに日は落ちていた。昨夜見た星空は何処にも見えない。英子は雪子に三島までの乗車券と特急券、そしてタクシー代を渡し、


「私と敏也さんは、ここから別件で出かけますので、明日はしっかりと身体を休めてくださいね」


 雪子と綾香、そして清流荘のメンバーは伊豆へ、英子と敏也は東北方面に向かうため新幹線に乗り込み別れて研修を終えることとなった。


 次の休日前、雪子は


「今日、仕事が終ってからそのまま新潟に一度帰りますので、今日は戻りません。旅行でのお話、帰ってから返事をさせて頂きます。それまで少し待ってください」


 綾香はすでに自分の意思を英子と敏也に伝えていたが、雪子はこう言い残して故郷の新潟に戻っていった。


 新潟市内のホテルを取り、翌日、育ての親、叔母の元を尋ね、除籍の願いをし両親の眠るお墓に姿を見せていた。お墓にはまだそれほど日が経ってない花が添えられている。
 懐かしい雪子の顔を見て、住職が話しかけてきた。


「やあ、雪ちゃん、元気にしておったかな? 先週かな、40半ばぐらいのご夫婦が見えてお墓参りして行きなさったよ。なんでも伊豆から来られて、ご両親とは面識がないけど、ここに眠る方の娘さんと縁があってと言ってたな。雪ちゃんのお知り合いかな?」


「はい、きっと」


 雪子は両親の眠る墓に手を合わせ、敏也と英子の話をしていた。そして、新しい父と母の元へ行くことを許して欲しい。私を産んでくれてありがとう。


「いい縁があったね」


住職はうなずき優しく微笑んでいた。


 伊豆へ戻った雪子は、両親への墓参りの礼を告げ、敏也と英子に


「お父さん、お母さん、宜しくお願いします」


と頭をさげていた。


 こうして多くの偶然が重なり知り合った4人は、長い年月を経て家族となった。


                                    家族 完


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。