紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

Primo piatto 一二三

 
 輪行は山越えだけで終わらず、山へと向かうローカル線の分岐駅まで続け、ここで宿を探すか、ローカル線に乗り込み山の近くに宿を探すかの選択となった。
 ローカル線での輪行も大丈夫で、また最終駅には3軒ほどのビジネスホテルもあるとのことで、そのまま輪行を続けることにした。


 この路線は半島をほぼ一周する路線であったのだが、噴火の火砕流で路線が寸断され、3分の1程度に営業距離が短縮せれ、被害の大きさがうかがい知れるのだ。
 ローカル線の旅はなぜか心はずませるものがあり、古めかした列車でのんびりと車窓を楽しむのだ。この速度が私にはたまらない。
 街中を抜けると海岸線に出て見事な景観を見せてくれ、月の引力の見える海岸との看板を見つけたのだ。潮の満ち干きが激しいのであろうか、とてもユニークなキャッチフレーズである。


 終点の駅に到着し、自転車を組み立てて宿探しだ。街中をうろうろするより海岸線に出て自転車を楽しんでいると、フェリー乗り場があり、その先にビジネスホテル外港を見つけ部屋を確保できた。そして自転車は奥の階段の踊り場にでも置いておいてくださいと、屋内保管ができとてもありがたい。
 チェック時間が遅く夕食は用意できません、と伝えられたが元々ホテル内で食事をするつもりはなく、観光客相手ではなく、地元に根ざしたお店で食事をするのが旅の楽しみでもあるのだ。


 シャワーをして、辺りの散策と食事を求めて海岸線を走るものの、なかなか見つけることが出来ず、一本中の道を走っていると酒処を見つけのれんをくぐった。


 カウンターに腰を降ろすと、奥のお座敷に料理を出していた女将が現れる、これまた綺麗な方で、今回の旅は綺麗な方の率がとても高く、私の日頃の行いの良さをしみじみと感じるのだ。ビールとおすすめの牡蠣を注文すると蒸して提供され、口いっぱいに牡蠣のエキスと潮が広がる。とても美味しく頂くことができたのだ。
 カウンターは電球で照らされ、手作りと思われる和紙で作った傘が取り付けられ、良い雰囲気を出している。素敵ですねと声をかけると、女将はにっこりと微笑んでいた。


https://public.muragon.com/bhv30qla/4f4j0mxa/resize/184x184.jpg?dummy=1505298361621


 しばらく女将との会話を楽しみ酒をすすめると、常連さんなのであろう、一人の男がこの二人っきりの楽しい時間の邪魔をしにのれんをくぐった。初めて見るお顔ですねと声をかけられ、三重から来たことを話すと、表にある自転車でと驚くが、決して自転車で来たわけではない。旅やこの地の話で盛り上がり、山が噴火した当時の話も聞けとても有意義な時間を過ごせたのだ。どうせなら綺麗な女将を旅の記念にしたかったが、一緒に写真を撮って頂きました。


https://public.muragon.com/bhv30qla/rgeyep0s/resize/184x184.jpg?dummy=1505299076385


 気さくで優しい力持ちのお兄さんに感謝、感謝である。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。