紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

「家族」 敏也 3

 
 その後、敏也と大介には大きな転機が訪れ、日本を代表するペット奏者山岸のツアーに参加しないかとオファーが入った。断る理由があるとすれば、今の安定したギャラがツアー終了後になくなることぐらいだ。20代前半の若者に、守りは必要ないであろう。バンドを抜け、およそ2ヶ月間山岸に雇われることとなる。


 ツアーは成功し幕を閉じ、敏也と大介の名は日本全国のジャズファンに知られていく。多くのミュージシャンのレコーディグ、ツアーにも参加し、音楽関係者からも絶大な評価を受けることとなったのだ。


 活躍の場を広げ多忙の中、マネージメントを担当する英子の元に敏也宛にオファーが入った。世界のジャズ界を牽引するペット奏者ウィルトンがツアーで来日したが、ベース奏者が急病でアメリカに戻ったため、代役でベースを弾かないかとの話だ。どうも山岸の根回しがあったようだ。敏也の予定には代役が据えられ、ツアーに参加することが決まった。


 リハーサル中から、敏也は覚えたてのカメラを手放すことがなく、ウィルトンを中心に多くの写真を残していた。


 敏也のベースを大いに気に入ったウィルトンは、スタジオ盤の製作にも敏也を招き、Bass Toshiya Shiroyama とクレジットされたCDが世界発売されたのだ。そしてレコーディング中も、敏也はウィルトンを撮り続けていた。


 ウィルトンはその2ヵ月後、交通事故で命を落とし、


「世界のウィルトンが認めた最初で最後の日本人ベーシスト」


として敏也は日本ジャズ界に伝説を作った。


 敏也が取り溜めたウィルトンの写真は、死後、家族に送られたが、家族の意向で、撮影者である敏也の許可を得、写真集として世界発売され、売り上げの全てが交通事故遺児のために寄付された。写真家、城山敏也のデビュー作である。


 そして、これからコンビを復活し、共に世界を目指そうとしていた大介は、妻と幼い娘を残し、自ら命を絶ってしっまった。遺書もなく理由はわからないが、敏也もまた、そっとベースを置いた。
                                      28


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。