紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

コラム “NB”

 
 最近街中でこのロゴをよく見かけます。靴もウエアも、、、


 そしてなんと自転車まであるんですよね、びっくり。きっと委託生産でロゴ貼ってるだけって思うんですけど、、、ちなみに、私もこの ニューバランス のチャリ用ウエア持ってます、はい。本職は「靴屋さん」ですね。


 で、今回のコラムはこの「ニューバランス」とはまったく関係ない話で、、、ごめんなさい。


 「なんちゅう、バランス」した奇石の紹介ってことで、NBって付けてみました、、、おいっ!


 この岩は私が好んで登っていた鈴鹿山脈の主峰「御在所岳」の中腹にあります。家から近いってのが正直なところですが、、、ロック・クライミングの出来る山としても、ちょっとだけ有名ではあります。


 鈴鹿と言えば、そうF1レースが開催される「鈴鹿サーキット」の鈴鹿です。セナもきっとこの山、見たんだろうなぁ~、興味ないんだろうけど、、、あ、F1レーサーは移動で、列車、車なんて使いませんよ。ヘリコプターで移動しますんで、上空から、ちらっと見たかも、ですね。チケット高いわな~そりゃ、、、


 鈴鹿スカイラインから「中道登山道」に入り、ブナが生い茂る山中を抜けると視界が一気に開け、下界に濃尾平野が広がります。


 季節により、遠く冠雪した乗鞍岳、御岳も望め、気象条件があえば2月期には富士山も望むことが出来ます。300キロ近い距離があるのでは。


 多くの奇石を配したこの「中道」は、特に人気のルートで多くの人が登山を楽しんでいます。


 そして、登山道に入り、一時間弱でこの「地蔵岩」に到着します。初めて見たときは、そりゃびっくりするわ、いったい誰が乗せたんだろうか、な~んて考えてしまうほど、絶妙なバランスで乗っかっています。「自然の力」恐るべしって感じですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。