紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

Primo piatto 消えては現れる景観


 旅二日目の朝、熟睡できたのであろう、目覚めがすこぶる良い。窓を開けると空は雲ひとつなく青くどこまでも続く。身支度を済ませ、朝の自転車散歩だ。


 駐輪場で自転車の無事を確認して一安心だ。この駐輪場はとても明るく防犯カメラも設置され、盗みを生業としている方にはさほど苦にせず、プロの仕事として遂行するのであろうが、こと自転車の盗難に多い、歩くの面倒だからちょっと借りてしまおう的な犯罪には、十分の抑止がある。一日100円でこの安心は大きいのだ。各都市にもこのような駐輪場をいち早く作って欲しいものだ。


 先ずは駅を一周して駅西から自転車をすすめると一本の川にさしかかり、ここは夜に訪れる予定だ。土曜日の市街地の朝は、歩行者も車もすくなく快適に自転車を楽しめた。違法駐車に行く手を妨げられることも、歩道に乗り上げなければならない場面も一度もなく、駅前など車の乗り入れを禁止してしまえと、夢のようなしかし、すでにヨーロッパの一部では実現している街の姿を思い浮かべていた。


 ホテルに戻って朝食で、会場は4軒の店から選べ連泊の客には良いサービスだ。一軒を選びバイキングとあり、所狭しと並べられた料理は20種を軽く超えるであろう。
 しかしこのバイキングの呼び方だが、本来はブッフェが正しい提供スタイルの名称だが、このブッフェスタイルを初めて取り入れたレストランの名前がバイキングであり、決して提供スタイルを指したものではない。
 バイキングはそもそもスカンジナビア半島やデンマークに住み、ヨーロッパ海域を荒らしまわった海賊で、世界にはまったく通用しない呼称だ。
 鎖国に戻るならなんでも良いのだろうが、先進国を自負して世界の一員であることを誇るのであれば、使うべき言葉ではないと思う。


 東京五輪が決まり、世界中から多くの人が訪れることだろうが、多くのことを改善しないといけいことがあり、その中に自転車も含まれると思う。
 歩道上を暴走する自転車を見て諸外国の方はどう思うであろうか。ベルをかき鳴らし歩行者を蹴散らせ歩道を走る自転車。交通弱者を守り優先させるべき姿は日本ではまず見ることができないのだ。そもそも自転車が歩道を走れる国は日本ぐらいだ。
 自転車を利用する側ももちろん、行政が変わらなければいけないのだ。

 ホテルをチェックアウトする前に空きがないか確認すると、昨日は満室と伝えられたが空きがあり連泊が可能になった。自転車の件もあり体よくことわられたのか知る由もないが、土曜日のホテル確保がスムーズに行き、流すことにした。荷物を部屋に戻し市内の観光だ。


 ホテルを中心にして運河があり、奇抜な形をした商業施設、19世紀のヨーロッパをイメージしてつくられた地下街、そして野球場跡地につくられた公園で見事な桜を満喫し、東洋一を誇る臨海タワーを見学し、夕飯までホテルでしばしの休憩だ。


https://public.muragon.com/bhv30qla/qylk13r2/resize/184x184.jpg?dummy=1505013689734


 バスに乗り込むために駅前に出ると広場には、木を形どった電飾が多くの足を人の足を止め楽しませている。


https://public.muragon.com/bhv30qla/nwxti1mt/resize/184x184.jpg?dummy=1505013815595


 川の流れが二股にわかれ出来た中州には、朝は見ることの出来なかった店が軒を連ね、多くの客で賑わい、一軒ののれんをくぐると全部で8席ほどで客同士肩を寄せ合い酒や食事を楽しんでいる。
  ビールと串焼きのセットを頂き店を出て、決して安くはないが、こと雰囲気を楽しむにはとても満足が出来た。食べることのみ欲するのであれば固定の店舗でいくらでもあり、ここでは雰囲気も含め楽しむ場所なのだ。
  いつまでも街の風物として残して欲しい景観だが、いずれ消えてなくなる運命だ。街を象徴すべきものは、どこにでもあるような商業施設ではなく、その街を象徴するべきものが相応しい。体感できたことに満足だ。


https://public.muragon.com/bhv30qla/c8l41y60/resize/184x184.jpg?dummy=1505013894354







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。