紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

コラム 「カレーは英国料理」 1


 子供の頃、学校から帰宅して、玄関を開けカレーの匂いがするとワクワクした覚えがある。


♪きょおっのごっはんはか~れ~だか~れ~だ~~♪


 心の中で叫んでいた言葉にメロディまで付けてたのが、今、思い出すと、笑える。


 異国料理であるにも関わらず、国民食と言ってよいほど市民権を得ている料理ではないだろうか。


 大人になっても、子供の頃に抱いたカレーへの思いは失せることなく、今でも3日は続けて食べられる。いや、もっといけると思う。


 もしかして、、、私だけ?


 そんなカレーを探る旅に出てみた、、、嘘、本読んだだけです。


 「インド・カレー紀行」 辛島 昇


 まぁ、ここから書くことは、ほとんどが「パクリ」と言うことでお許しを。


 時は明治、蕎麦が6銭に対しカレーライスが60銭。って10倍じゃん。今、お蕎麦が800円として、、、8、000円。すげぇ~。今、そんなこと言われたら暴れちゃうかも、、、


 ちなみに夏目漱石の小説「三四郎」には「ライスカレー」と書かれています。


 先にカレーを盛り付けるとカレーライス?いや~ご飯が先でしょう、、、


 量の問題で、ご飯が多いとライスカレー? それじゃ、最後ご飯だけで寂しいし、、、


 あっ、その為の「福神漬け」?


「ね~教えてよ~辛島さ~~~ん」


と私の疑問の答えは、本のどこにも出てきません、、、ショボン、、、


 くだらないこと書いてると、また、タイトルの本質が書けない、、、ちゅーか、少ないネタでページを稼いでいる、、、とも言う、、、おいっ!


と言うことで、、、また~


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。