紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” 雑菌天国3

 人は生物としてのあるべき寿命を全うすることなく、ほとんどの人が人生を終える。身体がその年齢まで耐えられないには、様々な要因が絡み合い簡単な理由ではないだろうが、自然の摂理に反した多くの行いがそうさせているのだと思う。何も120まで生きたいとは思わないが、何か大切なことを人は見失っているのではないだろうか。


 BGMはこの曲、この古い世界は私には格好いいんだ、なんて意味なのかな、、、

Joe Cocker & The Crusaders - This Old World's Too Funky For Me (1981)
「そもそも除菌や殺菌の類ってさ、人にとって悪い菌だけ退治できるの?違うでしょ、有益な菌までも殺してしまうのよ。あなた今お口にヘルペス出来てるわよね、何が原因なのかはわからないけど、ヘルペスの症状で収まってるものは大して有害な菌じゃないはずよ。それぐらいの菌が取り付いても普通なら皮膚にいる常在菌が退治してくれるものよ」



「だから除菌や殺菌が必要なの」



「だから~、殺菌して必要な常在菌まで殺しちゃってるから退治出来ないんだと思うよ。あなたが自分自身で抵抗力の弱い身体を作ってるの。あなた風邪もひきやすいでしょ」



「まぁ、年に数回は」



「それも有益菌とのバランスが崩れてるからだと思うけどな、私。人間の身体は菌で覆われていて、外部の有害な菌が付かないようにもしてくれてるのよ。除菌や殺菌してスペース空けて有害な菌に『はい、どうぞ~』って言ってるのと同じよ。まぁ、あなたの人生は私に関係ないけど、明日香は大切な友達だから変な洗脳させないで欲しいわ」



「・・・・・」



「明日香は私の言うことにも流されないで、自分で勉強して、必要だと思えば除菌グッズを買い揃えればいいんじゃない。大切なのは人が言うことや宣伝に振り回されないで、自分自身で知り、それで選ぶことよ」



 私は自然の摂理から大きく外れた行為を好ましいとは思わない。人が自然を制覇できるなど決してなく、ただ、自然のなかで生かされているだけだ。自然界は絶妙なバランスを保ち、多くの生命体が生存できている。除菌、殺菌と過剰に躍起になることは、このバランスを大きく崩すことではないだろうか。すべてが循環し環境を整えている。食物連鎖(食物網)も含み、このバランスを崩せば生命の維持などできるわけがない。



 過去には見聞きもしなかった新たな疾患が増えていることも、このバランスが大きく崩れているからではないのだろうか。このバランスを崩すものは、地球上に人間しかいない。人はどんな英知を得ようが自然の中で生かされているだけのこと。食中毒を起こすような菌の浄化も、水があれば事足りてしまうものだ。お風呂で身体をボディシャンプーでゴシゴシと洗うことも好ましい行為ではない。この地球上に必要のないものは何もない。あるとすれば、人間が考えた愚かな物や、人間の存在だけかも知れない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。