紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” あんスパ

 名古屋は先回ご紹介したように「イタスパ」「インディアン」「ミート」と3種のスパゲティがあるが、これはあくまでも喫茶店での軽食。調理に特別な技術も知識も要さない。名古屋めしはきしめん、味噌着込みうどんがあるように麺料理が多く、前記のスパゲティだけではなく、「あんスパ」を専門に提供する店が多い。「あんこ」を乗っけたスパゲティではなく、「あんかけスパゲティ」だ。


 BGMはイタリア歌謡「村の娘」をカバーした曲。



The Woodpecker Song-Glenn Miller Orch


 カラン、カランと呼び鈴が鳴り客の来店を知らせると明日香が顔をだした。


「ねえ、マスターこないだ名古屋でパスタ食べ、他に面白い料理が名古屋にないか調べてたらあんかけスパゲティってあったの、知ってる?」


「もちろん」


「ねえねえ、どんなパスタ?友達とマスターに聞いてからまた食べに行こうかって話してたんですよ」


 あんかけとは中華で多用されるように、液状のスープ、つゆ、タレに「とろみ状」の粘度のあるものをかけたものだ。このソースのベースはイタリア料理らしくトマト(ピューレ)を使うが、味にトマトの濃厚さや爽やかな酸味を感じることほとんどない。胡椒を多用することで辛いのが特徴だ。仕込から完成に至るには一週間程かかると言い、肉、野菜は原型を留めることはなくソースと一体化している。さすが専門店で提供される料理であってきちんとした仕事はしている。


 このソースがあんスパの命であり、多くのメニューが記されるが具の違いだ。使用されるパスタはスパゲティサイズ(太さ)を大きく越えて、イタリアではスパゲティとは呼ばないサイズ。ここでも茹でたて麺を使うことはなく茹で置きされたものを使い、炒める店に、低温の油で揚げる店もある。


「マスターそう言うとこうるさいですもんね、面倒臭いですよ」


「自己の発案を発信するなら自由ですけど、既存のものを発信するのであれば、自分に必要のない決まりだと思っても守るべきです。自由と好き勝手を混同してる日本人が多いことは悲しいですよ。社会の中での自由は必ず責任が伴うことをわきまえて、自己主張だけではなく、他を思いやる気持ち、尊重することはとても大切です。無責任な発信で、後世に国際社会で恥をかかせちゃだめです」


「耳が痛い~~~~っ!日本はどこか馬鹿にされてるとこあるんでしょね」


「日本が真のリーダーとしてアジアを引っ張っていかないといけません。それにはまだまだ学ぶことがたくさんあるのではないでしょうかね。あんスパは、、、


 発祥はスパゲティ・ハウス・ヨコイで、従業員の独立や人気にあやかり多くの店が名古屋には存在する。ヨコイは現在直営の3店舗で営業をしており、のれんわけやFCは行っていないが、FC化の動きがあるようだ。元祖としての地位、味、顧客の満足を維持できるかは経営者としての腕の見せ所。FC展開を目指すのであればリスクを負うこととなるが、そこを目指すのであれば成功して欲しい。


 私のお気に入りは「スパゲティ・ハウス・こだま」のあんスパ。ヨコイに比べピリ辛感が強く、額に汗をかくぐらい刺激的。添付されるポテト・サラダもナイス!20代は勤務先と近く月に数回は通っていた店。三重に来てからも、名古屋に行けばよく訪れている。15席ほどの狭い店ではあるが、何かホッとする温かい店だ。大きくすることだけが正義ではないと私は思う。


        

(写真はすべて頂き物です)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。