紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” 未熟

 ネットでニュースを見ていたら、嫌な記事が飛び込んできた。
『スマートフォンを見ながら電動アシスト自転車で高齢の女性に衝突し、頭を打って死亡させたとして、神奈川県警麻生署は15日、重過失致死容疑で川崎市麻生区の大学2年の女子学生(20)を書類送検した。送検容疑は昨年12月7日午後3時15分ごろ、同区上麻生の市道交差点で、歩いていた女性(77)に衝突し、2日後に死亡させた疑い』


 私は自転車を愛用する者としても女子大生のマナーの悪さ、モラルの欠如を悲しく思ってしまうが、どうしてこんなことが起こってしまうのか、、、そんなことを考えながら準備をしていた。自転車が人を傷つけてしまう物であってはならない。まして命を奪ってしまう凶器になるなど悲し過ぎる。


 BGMは大好きなサッチモのバージョンで。



Louis Armstrong sings "Mack the Knife"


 カラン、カランと呼び鈴がなり客の来店を知らせると彩香が顔をだした。ジンロックを頼み、バックから徐にスマホを取り出して操作を始めた。



「よ~し、完了っと。ごめんなさいね、ラインが溜まっちゃってて」



「とんでもないですよ。歩きながらせずに落ち着いた状態で携帯触るのは良いことですよ。歩きながらされる方も多いです」



「もうほんと、どいつもこいつも前向いて歩けっちゅーの、まじイライラしちゃう。街中を歩くにはこいつらをくねくねと避けて歩かないといけないですからね。お年寄りや身体が不自由な人だったら、こいつらのせいで怖くて歩けなくなっちゃいますよ」



「他人を思いやる気持ちもなければ、子供のときから『早くしなさい』って言われて育てられ、社会に出れば『効率』をうるさく言われて、何でも『ながら』が癖になってしまったのでしょうかね」



「同時にいくつものこと出来る能力なんか人間は持ってないんだから、みんな中途半端になっちゃうだけ。急ぎたいなら停まってスマホ操作して、その後さっさと歩いた方が断然に早いですよ。歩くなら歩く、ラインするならラインするですよ」



「おっしゃる通りですね。集中できる環境が効率はいいはずですよね」



「何かいじってないと落ち着かないなんて子供と一緒ですし、スマホに振り回されてるだけ」



「日本社会が成熟していない現われかもしれませんね。あと、平和ボケと言うか安全過ぎて緊張感が無さ過ぎなんでしょうね」



「スマホいじって歩いてるやつらは、引ったくりとかに合えばいいんですよね。そしたら止めるかもしれませんね」



 多くの要因があって「ながら行動」をする日本人。人を死に至らしめた女子大生に非はもちろんあるが、これは決して他人事で済まされるものではなく、こんな日本を創ってしまった私達国民すべてに責任があることだ。



 自動車大国であるドイツは自転車先進国でもあり、幼児教育から交通ルールをしっかりと学び、自己を守ることも弱者優先であることも叩き込まれる。



 中学で自転車通学する者が、ヘルメットの着用義務があれば着用し、なければ着用をしない。例え中学で着用義務があり着用していても、高校になって義務がなければ着用をしなくなる。己を守ることの教育が出来ていない形だけの日本の教育で、こんなものは教育ではない。こんな教育から安全を考える人間が育つはずはなく、着用義務のない学校を羨ましく思うだけのことであろう。着用率を争う先生方のお遊びなのか?痛ましい事故を失くそうと、日本が真剣に取り組んでいるとはとても思えない。日本の行政、教育が変わらなければ、この先、余りにも馬鹿らしい理由、情況で、尊い命を落とさなけらばならない方が決していなくなることはない。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。