紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

“Soul bar-IORI” 美


 11月がもう間もなく終ろうとしている。1年など瞬く間に過ぎ去ってしまう。繁華街のクリスマスの飾り付けが、時の流れるのを一層、早く感じさせるのかもしれない。


 人が持つ時間は同じであるはずだが、感じる長さは人それぞれであろう。特に加齢を重ね、時の流れを早く感じる。以前に読んだ本の一説を思い出した。


「一年は送った人生の年齢分の1である。10歳の子供の一年は10分の1であり、50歳の人は50分の1であり、歳を重ねると一年を早く感じる」


 なるほどと思いもしたが、感じることの理由などを解明したところで、然したる意味はないであろう。感じ方は人それぞれで、加齢と共に長く感じる方がいても不思議ではない。買出しを済ませ店に戻る途中、こんなことを考えていた。


 さて、オープンだ。BGMは“The Crusaders”のピアニストが出したソロアルバムをかけよう。



メロディーズ・オブ・ラブ  ジョー・サンプル


 愛の持つ切なさや優しさ、激しい感情をメロディに託しているのだと感じる。もちろん私の勝手な解釈である。


 美しいと感じることも定義など存在せず曖昧だ。人それぞれに思い、感じることは違い、何をもって美しいとするかも個人的な主観に過ぎない。


 ジョーの奏でる美しいメロディに耳を傾けていると、ベルが鳴り来客を知らせた。一見、綺麗に着飾った30代後半と思われる女性二人組だ。


「いらっしゃいませ。お二人様でよろしいですか?お好きなお席にどうぞ」


 カウンターの隅を選ぶと思ったが、ほぼ中央の席を選び腰を降ろしていた。


「お飲み物はいかがなさいますか?」


「そうね、カクテルがいいかな、メニュー見せてくれる?」


 あいにくドリンクのメニューは作っておらず、棚をにある酒を選んでもらっている。そして、カクテルは、ほぼ一般的なものを作る材料も、レシピも持ってはいる。


「そうね、じゃあ私はギムレットもらおうかな」「私は、マティーニ」


 水商売に携わる感じではないが、カクテルを指名するなど手馴れた様子だ。シェーカーとミキシング・グラスに材料を入れ、最後にマティーニに振り掛けたレモン・ピールが刺激的な香りを漂わせる。並べたカクテル・グラスにそっと注いだ。シェイク、ミキシングされ、程よく冷やされたカクテルでグラスに色を添え、瞬時に冷やされ曇りを帯びたグラスと相まる。


 女達の何気ない会話の内容から察する年齢と、見た目から想像した年齢とは大きくかけ離れているようだ。多くの女性はいつまでも若く美しくあることを望み、その努力も惜しまないのであろう。


 老いることは、多くの不を伴うことは紛れもない事実で、体力的にも衰え、身体にも支障をきたすことがある。衰えを少しで遅らせようと思い努めることは、決して悪いことではないが、派手なメイクを施し着飾るのは現実逃避なのかもしれない。過度な誤魔化しには一夜を共にした朝、驚かされることもある。「誰?」決して詐欺ではない、私の勝手な思い過ごしだ。


 女性の思考回路とは異なり、男は素を求めるのではないだろうか。多いにして女性は現実的であり男が理想を求めるが、こと、この件に関しては、より女性が理想を求めるのであろう。年齢相応に美しくあれば、それで良いのではないかと思う。野生に生きているわけではなく自然のままではないが、人としての美しさは過度に着飾らない姿にあり、内面から醸し出されるものだ。


「美しいのは花そのものではなく、そう感じる心である」


 九州を旅し、唐津の寺院で見た言葉を思い出した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。