紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

出来ることならば初話からお読み頂ければ幸いです。

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 連載中

「家族」 カポクォーコ 1


 「おはようございます」


 朝、チェックアウトの客を見送り、女将と坂崎夫婦がちゃりんこカフェを訪れた。雪子は買出しを綾香と英子に頼み、すでに仕込みに取り掛かっている。


「雪ちゃん、何でも指示してよね、今日は雪ちゃんが板長だから」


「あなた、板長って、おかしいでしょ。シェフって呼ばないと」


「幸さん、シェフはフランス語ですよ~、今日はイタリアンですからね。あれ?でもイタリアンだと何て呼ぶんだろう」


 敏也は笑いながら、シェフはフランス語で頭の意味で、イタリア語で料理長はカポクォ-コだと説明したが、


「料理長でいいでしょ、ここ日本だから。ね、雪子料理長」


「う~ん、料理長かぁ~、いい響きだぁ~。もっと呼んで、もっと呼んで~」


 イタリアではお酒とおしゃべりを楽しみながら、ゆっくりと食事をする。お酒を止めていると言う幸以外に食前酒が用意され、Antipasto(前菜)が4皿並べられ、ワインも用意された。彩りよい野菜が使われ見た目にも楽しませてくれる。食事が始まり、みなの進み具合を見て雪子はキッチンとテーブルを行き来し、坂崎もアシスタントをこなしている。フレッシュ・ハーブの使い方もよく研究したようだ。


 Primo piattoには、普段カフェでパスタを提供しているので、リゾットが4品用意され、米の品種にも拘りをみせたようだ。大粒のイタリア米が使われ、粘りもなく、綺麗に煮込まれている。米の中央にわずかに芯を残し、食感も楽しめる。ブロード(出汁)も具材により使い分けたようだ。


 Second piattoには、ラムも使われ、ニンニク、香辛料の使い方が的を得ている。ラム肉特有の香りと相まって食欲をそそる。


 ワインが何本空いたであろう。さらに坂崎と敏也はチーズをつまみにワインを開け、女性陣はDolceを楽しんだ。坂崎が思わず、


「う~ん、すごい刺激的だ」


ともらしたゴルゴンゾーラを綾香が口にすると、顔をしかめ吐き出し、つぶやいた。


「だめだ、これ。私、美食家じゃなくてよかった」


 雪子はゴルゴンゾーラの中でも、特に青かびの強い、ピカンテを用意したと言う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。