紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

「家族」 雪子 2


 雪子は決して裕福とまではいかないが、大手出版会社に勤め、趣味の自転車で遠方に出かけるぐらいのゆとりは十分にある。今までは奨学金の返済があり貯蓄に回すだけの余裕はないが、この先は可能だ。ただ、自分が求めているものは何かを考えたとき、簡単に答えなど出ることではないが、今の生活で得られる事ではないと感じている。


 生きるとは、仕事とは、そのことをずっと思い仕事を続けていたのだ。今の彼は同じ会社に勤めるエリートだ。彼と結婚すれば安定した生活は望め、それが幸せなのかと思うこともあった。ただ、仕事では企業のトップと話す機会も多く、成功者の多くが、家族が、本当の幸せを感じているのかと思うと、多くの疑問が残ってしまう。伊豆のカフェで見たスタッフの笑顔、実際に自分が手伝いをし、感じた楽しい気持ち、その全てを包み込む敏也の大きさに多くのことを感じた。


 今まで少しずつ感じてきた思いが、伊豆に行ったことで一気に噴出したようだ。雪子は退職届を出し、彼とも別れを告げていた。


 職場での引き継ぎを終え、アパートを引き払い、そして、まとめた荷物を送った先はちゃりんこカフェであった。


 留守を預かる知明子は届いた荷物に驚くが、そのまま雪子が泊まった部屋に荷物を片付けていた。


 翌日、一本の電話がカフェに入り、着信番号を確認すると送り状に書かれていた雪子の番号に間違いはないが、知明子が出ると無言で電話が切れてしまった。こちらから再度かけ直すか悩んでいると、再度コールが鳴った。


 またしても無言のままだが、知明子が、


「雪ちゃんね、何も心配いらないからね」


と知明子が話しかけると、受話器の向こうから泣きながら


「ごめんなさい。勝手に荷物送ってしまいました」


と詫びた後、言葉が続かない。知明子は


「だから、何も心配することないから、雪ちゃんが思ったようにすればいいのよ」


と優しく諭し、近くにいるなら迎えに行くと伝えたが、雪子は自力で向かうと言い電話を切った。


 そして2時間ほど後、カフェの前に泣きながら立ち尽く雪子を、心配で外を覗きに来た知明子が見つけ、中に招き入れた。


 知明子は何も言わずにただ雪子を強く抱きしめた。そしてすぐにマスターが戻るので、自分の意思を伝えなさいと話し、雪子はうなずき、差し出されたコーヒーカップに手を当てた。
                                      36


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。