紀行、小説のノベログです 日々感じていることを盛り込み綴っています

「自転車と列車の旅の追憶」 紀行 完
「大海原」 紀行 完
「家族」 小説 完
“Soul bar-IORI” 短編小説 完

“Soul bar-IORI” 豆3

 古来から人は食べ物の保存に多くの知恵を得ていた。苦労し手に入れた食材を無駄にすることなどはしない。食い溜めできる身体であったり、お腹が空いたらすぐにコンビニで食材、食料が手に入るわけでもない。乾燥、塩蔵、燻製、灰なども利用し食料の保存をしてきた。後、葉っぱで包むことも保存性を高めた物だ。


 そして、発酵させることで保存を高める方法。微生物の存在など何もわからない時代から、発酵がもたらす恩恵を人はしっかりと得ている。微生物が生命維持の為に繰り返す行為、栄養を吸収し排泄する。これは植物が二酸化炭素を取り入れ、酸素を排出する行為と同じ様な事。人にとってとても大切な栄養素を含み、そして、尚且つ美味しくしてくれる物が微生物の生産物だ。人も地球上に生きている生物であり、他の多くの生物の恩恵を受け共生しているだけ。地球は人だけのものではなく、他の生物が生産してくれる物を得なければ、生命の存続はあり得ない。コンビニがあるから生きて行けるのでは、決してない。


「納豆は3パック入りで売られてるものがほとんどで、賞味期限が短いんでよく冷蔵庫の中で忘れ去られてダメにしちゃうんですよね」


「あ~、確かにありますね。でも納豆としてのあの品質は失われるかもしれないんですけど、十分に食べられるものなんですよ。捨ててしまうのはもったいないです。それに納豆菌は熱にも寒さにも強くて、冷凍保存もできるんですよ」


「買ってきてすぐに冷凍しちゃえばいいんだ。忘れてた納豆は何か白いぶつぶつのカビが生えてましたよ」


「あれはカビではなくて、チロシンって呼ばれるアミノ酸の結晶なんです。まぁ、効能などは確証が持てず、それに、あれにはいいけど、これにはダメってものも多くてあまり私は人に伝えることはないんですけど、チロシンは脳の細胞も活性化するなんて言われてますよ」


「カビじゃないんだぁ~、でも匂いがきつくなって、、、間違いなく腐ってましたよ」


「確かに納豆菌が自己消化、つまり、自分を自分で分解するんですけど、そのときにアンモニアが発生しますので、匂いはきつくなりますけど、まったく問題ないものです。匂いが気になるなら、お味噌汁に入れて納豆汁なんかにすればほとんど気になりませんよ。後は、もうそれこそ冷蔵庫に一ヶ月以上放置してかりかりになるのを待つんです。それをチロシンも一緒にすり鉢で下ろしちゃって、ご飯の上に振掛けてお醤油かけて、それで美味しく頂けますよ」


「そうなんだ、何でも思い込みって言うか、決め付けてはダメですね。今度納豆忘れてたらやってみよ。なんでもかんでもダメになったって捨ててしまったらダメですね」


「そうそう、家庭内廃棄をしないように努めることはとても大切ですよ。なんでも新しいのが美味しいですけど、今日の朝に頂いた納豆は2月22日の賞味期限でしたよ。まぁ、私はこれらのもので身体に異変が起きたことはありませんが、あくまでも自己責任でお願いしますね」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。